アクセスランキング

2013年10月24日

帰宅

写真.JPG
亀生きてた。
あー良かった。

何より亀が心配だった…


posted by 森山智仁 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

たよし

写真.JPG
ふぐがふよふよしている店で、
ふぐの唐揚げと、
ふぐひれ酒。
posted by 森山智仁 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道頓堀

写真.JPG
かにの足が動く例の店で、かに味噌を食す。

道頓堀橋周辺のテンションたっけぇなー。
渋谷センター街を凌駕す。
こりゃ飛び込む人もいるわ。
posted by 森山智仁 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜寺公園

写真.JPG
すっかり暗くなってしまった。
この歌碑がラストのチェックポイント。

ふるさとの
和泉の山を
きわやかに
浮けし海より
朝風ぞ吹く

あとは高速バスの時間まで酒飲むだけ。
だけど、ちょっと長いな…
ということで、
夜の公園のベンチで、買ってきた本を開く。
posted by 森山智仁 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆館

写真.JPG
百舌鳥駅そば。

接客が良くてほっこりした。
優しくされると優しくしたくなるね。
posted by 森山智仁 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁徳天皇陵

写真.JPG
藻を浮かべ
茶の湯習うか
堀の水
わびには遠き
大王の墓
posted by 森山智仁 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

与謝野晶子文学館

写真.JPG
関連書籍をどさどさ購入。
御会計一万円也。
こういう時の僕は歯止めがきかない。

同建物内にあるミュシャ展も琴線に触れた。
作品や生涯に惹かれるものがあった。
いつかミュシャの話もやってみたいなあ。
posted by 森山智仁 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たこ焼「すず」

写真.JPG
うっ、美味っ!
ソース美味っ。

たこ焼きつまむだけのつもりが、
結局焼きそばも食った。



店内で女子高生4人組がダベっていた。
帰り際、店主も客も「ありがとう」と「おおきに」を両方言った。
どうやら珍しいことではないらしく、僕もしばしば両方言われた。

何となく、いいなあ、と思う。
posted by 森山智仁 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本願寺堺別院

写真.JPG
明治4年から10年間、県庁として使われていたらしい。

ここにも晶子の歌碑がある。

却初より
つくりいとなむ
殿堂に
われも黄金の
釘一つ打つ

これはわかりやすくて好き。

晶子の歌は、特に初期、難解と言われるものが多い。
後年になって考えが変わったようで、『みだれ髪』も何度も改作している。
わかりやすくこそなったものの、
薄っぺらくなったとの見方もある。
posted by 森山智仁 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚応寺

写真.JPG
江戸時代の庄屋の家を保存した「山口家住宅」にて、
千利休の存在と、晶子の生家が菓子商だったこととが結びつく。
なるほど、お茶菓子か!

覚応寺の住職・河野鉄南は晶子と鉄幹を引き合わせた人だという。
残念ながら中には入れず。
WEBには拝観自由って書いてたんだけどなー。
posted by 森山智仁 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材旅行:京都・大阪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。