アクセスランキング

2008年01月09日

栄泉閣

080109_1818~01.JPG荷物が軽いからってちょっと甘く見ていた。
今日の道は思ったより長い上に上り坂で、
宿に着く前に陽が暮れてしまい、
最後の1時間は残りの板チョコをバリバリ食いながら、
車のライトが時おり照らすだけの闇の中を歩いた。
やはり移動距離はちゃんと見ておいた方がいい。
途中左手の茂みでガサッて音がしてビクッとなった。
狸か何かがいたのだと思う。

結構どこを歩いてもそうだけど、今日は特に顕著だった。
地域には地域の色がある、と言うか同じ店ばっかりある。
高崎はビジネスホテル、
上野田は古美術・骨董屋、
上野田と水沢の間はラブホ(本当に密集地帯だった)、
水沢はうどん。
当たり前だが伊香保には旅館がいっぱいある。
こんなに集まってて客の取り合いにならないのだろうか。


posted by 森山智仁 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 徒歩の旅:吾妻川編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

栄泉閣
Excerpt: 1つめの宿は休館日。 2つめは予約制。 3つめの宿でやっと温泉に入れました。 伊香保温泉栄泉閣です。 今日は平日なのに、駐車場が満車でした。 ロビーでお金を払い、 脱衣場に行く..
Weblog: 関越堂 日帰リ温泉部
Tracked: 2008-09-19 10:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。