アクセスランキング

2015年12月31日

2015年に読んで良かった本10選

2015年は82冊の本を読んだ。
順位付けができなかったので並列で。



○又吉直樹『火花』
ザ・ベストを挙げるならやっぱりこれ。

○東山彰良『流』
すべての文に読み応えがある。

○藤谷治『いなかのせんきょ』
語り口は優しいのに深い。

○浅田次郎『一路』
高級な王道。人物の魅力。

○ダニエル・キイス『24人のビリー・ミリガン』
舞台化してみたいと強く感じた。

○筒井康隆『残像に口紅を』
日本語を愛する全ての日本人へ。

○石黒浩『ロボットとは何か』
頭が良い人とはこういう人のことだと思う。

○NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命 被曝治療83日間の記録』
面白いとかじゃなくて忘れられない。

○アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』
ちょっと怖いぐらいのシンパシーを感じた。

○小菅正夫『ペンギンの教え』
いつか北海道に旅したら必ず旭山動物園に行く。



10選の中にペンギンが2羽もいる。
僕にとってペンギンとは一体何なのだろうか。


posted by 森山智仁 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。