アクセスランキング

2014年04月15日

読書:八木沢里志『森崎書店の日々』

こころのあたたまるお話だった。

文体にちょっとだけたどたどしいものを感じる。
無理して固い言い回しをしているような。

人の気持ちを丁寧に描いているところは良いと思うのだけれども、
始まり方がすこぶるよろしくない。
「まとめ」みたいなことをいきなり書いてしまっている。
期待の持てるスタートではなかった。

【年内読書24冊目】


posted by 森山智仁 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。