アクセスランキング

2014年04月15日

観劇:InnocentSphere『ミライキ』

好きなタイプの作品だった。
エグさのある真面目路線。
舞台美術や映像も効果的だった。

犯人の奥さんの気持ちがなかなか理解できず、
それ愛じゃなくて偏狂なんじゃないかと思ってしまったのだが、
(実は彼女こそ病を抱えていて全部彼女の妄想だったというオチすら想像した)
終盤あたりで何となく愛なのかも知れないという気がした。

若干バランスの悪さを感じた。
蘇我馬子のお笑いタイムとかジャーナリストの過去はいらないと思う。

【年内舞台鑑賞10本目】


posted by 森山智仁 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。