アクセスランキング

2014年03月23日

観劇:劇団スクランブル『Gangster Report』

組み立ては良くできている。
当パンに「群像劇」と書いてあったが、これ群像劇じゃないと思う。
シチュエーションコメディに近い。

台詞が欧米の映画風だが、正直、似合っていない。
役者さんみんな普通の善良な日本人というのが透けて見える。

裏の稼業ということなら身のこなしもしっかりやってほしい。
明らかに人殺したことなさそう。

そして、長い。
劇中で起こる出来事は決して多くないので、欧米の風味そのものが舌に合わないとつらい。

【年内舞台鑑賞9本目】


posted by 森山智仁 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。