アクセスランキング

2014年02月28日

観劇:夏色プリズム『心の中、翼ひろげて』

障害者の性を取り扱った作品。
タブー視されがちなテーマに踏み込んだ意欲は評価したいが、できない。
「泣ける話」の味付けに利用しているとしか思えない。

差別的なことを言う人物を敢えて出すのはいい。
しかし、完全に言いっ放しで終わっている。
(僕も『Girls, be a mother』の初版については出演者女性陣から強い反発を受けた)

「妹を妊娠させられた兄」が「暴言」を吐く。
そこまではわかる。
問題は、彼がいつの間にか「改心」して「いい話」風に終わること。
しかもその頃物語の焦点はまったく違うところへ行っている。

何より「障害」の表現が中途半端、もといただ車椅子に座っているだけ。
自慰すらままならない障害者の性と真剣に向き合っている人が観たら激怒するのではないか。

切り込むなら切れ味が必要。
浅い。
失礼でしかない。
介護職員への偏見も助長されかねない。

また、テーマは別として、日本語が上手くない。
語彙が乏しい。
女性助詞「わ」も個人的には(現代劇では特に)受け容れられない。

【年内舞台鑑賞6本目】


posted by 森山智仁 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。