アクセスランキング

2014年02月27日

観劇:elePHANTMoon『成れの果て』

小説家志望の女が現れてからの、後半30分は面白かった。
彼女のどう見ても才能ない感じがツボだった。

序盤・中盤は丹念すぎると思う。
あらすじから想像される以上のものは見られそうにないな……と、落胆しかけた。

舞台セットと役者さんはみんな良かった。
特に□字ックの山田佳奈さんの雰囲気は他に類を見ない。

【年内舞台鑑賞5本目】


posted by 森山智仁 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。