アクセスランキング

2014年01月22日

観劇:日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士』

全長約3時間。
最初10分と最後20分は面白かった。

凄いっちゃ凄い。
映像とかワイヤーとか凄い。
けど。

長過ぎる。
そしてイージー過ぎる。
十人の個性はほぼ仲間集めの時にしか発揮されず、
個々の技能を活かして戦うわけでなく大立ち回りで順番に死ぬ。
(武装は色々だったけどそういうことじゃなくて)
脳みそ使うのは評定の一回のみであとは肉弾戦。
笑いはほとんどテレビのネタ。

大俳優のオーラだけでは満たされない観客もいる。
いるのだ、僅かだが。

【年内舞台鑑賞2本目】


posted by 森山智仁 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。