アクセスランキング

2013年08月12日

ベヴァリー・ロウリー著/岩井司訳『死を待つ女 死刑囚カーラ』

1997年初版。
ロサンゼルスに住む小説家の唯一のノンフィクション。

カーラはドラッグ中毒で、むかつく相手を殺して、死刑と決まった。
一行にまとめてしまえばそうなる。

著者はカーラを面会を重ねる。

著者は息子ピーターを轢き逃げ事件で亡くしている。
非行に走りがちだったピーターとカーラとを重ね合わせているように見える。
(本の後半でそのことに触れ、
厳密には子というより妹のような感覚であるらしいとしている)

轢き逃げ事件のことは大変気の毒に思うが、
ピーターが生前傷つけたであろう「退屈な」人々のことを思うと、
著者に対して完全な共感を抱くことが僕にはできなかった。
(天罰が下ったのだとまでは言わない)

とは言え、著者はカーラと親しくなりながらも、感傷的になってはいない。
死刑制度の是非に言及してもいない。
ドラッグや、人間の生きる環境について、適切な距離を取って観察している。

【年内読書最低50冊まで残り23冊】


posted by 森山智仁 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。