アクセスランキング

2013年06月29日

西瓜糖『鉄瓶』@下北沢駅前劇場

面白い。
脚本は設定、人物、展開、みな良い。
戦争について、多種多様な立場から、時に軽く、時に深々と語られる。
濃厚で多品目のフルコース。

タイトルの付け方にも納得。

プロローグから本編への転換には驚かされた。
暗転かなり短かった気がするけど一体どうやったんだろう。

【年内舞台鑑賞最低50本まであと13本】


posted by 森山智仁 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。