アクセスランキング

2012年11月12日

劇団鋼鉄村松『高橋ギロチン』

@王子小劇場

現場にギロチンが現れて、邪魔、という設定が見事。
現場の言葉づかいもリアル。

しかし中〜後半はよくわからなかった。
恐らくわかってほしいと思って作ってはおられないと思う。
積み木に例えるなら、丁寧に積み上げるのではなく、ドシャッとひっくり返すような。
合う合わないがハッキリと分かれるタイプ。

にしても知識量には脱帽。
幅が広い。

【年内舞台鑑賞101本目】


posted by 森山智仁 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。