アクセスランキング

2012年06月18日

声を出すと気持ちいいの会『富士幻談』

@SPACE雑遊

真面目に演劇を創ろうとしている姿勢には好感が持てた。

劇団名に沿った脚本、演出。
特にラスト近辺はなかなかの迫力だったが、
全体を通して観ると、メリハリがなく、冗長であった。
圧の強い発声はモノローグには合っているが、
ダイアローグ(それも小さな劇場での)には適さない。
使い分けた方がいい。

音楽に頼り過ぎの感あり。
また選曲も統一感に欠けると感じた。

扇子や座布団を使った演出など、
「工夫しているな」と思える部分はあったが、
「工夫していて凄い!」とはならなかった。
「凄い!」にまで届かなければ不十分だと思うのだ。

【年内舞台鑑賞100本まであと31本】


posted by 森山智仁 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック