アクセスランキング

2011年11月05日

不文律

643ノゲッツー@劇場HOPE

なかなか興味深い内容だった。
643ノゲッツーへは人間の負の部分を観に行くつもりで行くと観やすい。
(良い意味で)

男性の医師3人や看護士さんのコンビ等、役者さんも良かった。

装置は割と効果的だったが、
照明とか役者の動きとか何かもっとこうイベント的な、
視覚に訴える部分の演出が少々弱かったように思う。



ちなみにアルコール依存症の治療施設(?)が舞台だったのだが、
団員の丹羽は観劇前に2本缶ビールを飲んできていて、
観劇後も役者さん(今度出てくれる熊谷君です)を捕まえて飲みに行った。
いわゆる、恐いもの知らずだ。


posted by 森山智仁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。