アクセスランキング

2015年01月31日

読書:山田悠介『93番目のキミ』

主人公が頭良くない小説というのは、
今までほとんど読んだことがなかったし、自分でも書かないので、新鮮だった。
↑何だかイヤミな感じがしてしまうが仕方ない。

普通にサクサク読んだ。
すごく軽い。

「T」が何の伏線でもなかったことが衝撃だった。
これ「張っといて使えなかったパターン」じゃなかろうか。

表紙のイラストが素晴らしい。

bk.8


posted by 森山智仁 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

映画:ジョン・マクティアナン監督作品『ダイ・ハード』

集中力のなさに定評のある僕が休憩も挟まず一気に観た。
観させられた。
特別なヒネリも謎もないのに、この吸引力の源は一体何だろう。

ジョン・マクレーンが冷静沈着じゃないところが良い。
割と感情的、だけど判断は的確で、強い。
憧れるというより親しみの持てるキャラクター。

mv.6
posted by 森山智仁 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

読書:アイザック・アシモフ著『われはロボット』

1950年の作品。
うーむ、すごい。
全然古臭くない。

元祖にして、既に主要な命題を網羅している感じがする。

ドノヴァンとパウエルの個体差があまりよくわからないのだが、
多分僕が受け身で読んでいるからだろう。

有名な「ロボット三原則」を生んだのがこのアシモフ。
シンプルなだけに、考えれば考えるほど深い。

bk.7
posted by 森山智仁 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

稽古の調子

当然、いつも絶好調とはいかない。
いつでもベストコンディションで望むのが筋だとは思うけれど。

今日は朝から舞台装置作成の作業があって、そのまま夕方から稽古だった。
疲れちゃって能率が落ちるかというと、意外とそうでもなかった。
入念にアップができたみたいな感じで調子はむしろ良かった。

さらにそのままガストで書き物をしようとしているなう。
今日は不思議と元気。

そういう日の後、決まって反動が来てしまうというのが目下の悩み。
posted by 森山智仁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

愛か100万円か

稽古場で「精神的な豊かさ」について話している時、

100万円貰えるより好きな人に告白してOK貰える方がいいでしょ?

と言ったら、

全っ然賛同が得られなかった。

からっきしであった。





10万円なら迷いますけど。

と言う子はいた。






え、ほんと?

みんな、ほんと!?
posted by 森山智仁 at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

読書:チャペック作/千野栄一訳『ロボット』

「ロボット」という言葉を創始した戯曲。

作者のチャペックは1890年生まれ、1938年没。
電話が登場したばかりの頃。
なんとその時代に、ロボットが人間に取って代わろうとする未来を予言している。
恐るべき慧眼である。

bk.6
posted by 森山智仁 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

かなしみ

手袋を
片方
なくした




かなしみ
posted by 森山智仁 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

観劇:劇団ショウダウン『マナナン・マクリルの羅針盤 再演 2015』

大絶賛に水を差すようだけれど、正直言って楽しめなかった。

1.一人芝居でやる意義が感じられない。
普通にやった方が良さそうな普通の脚本。

2.ところどころ地の文の格調が低かったり、説明が過剰だったりしている。

3.圧倒されるほどのパワーが役者に無い。
何となくエキゾチックで応援したくなる雰囲気はあるけど、巧みとは言えない。
しょっちゅう噛んでいるところも容認し難い。

舞台美術や音響・照明は良かった。
特に最後の仕掛けは効果的。

st.1
posted by 森山智仁 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

読書:広瀬隆・明石昇二郎『原発の闇を暴く』

二人の対話形式。
どうもこの人たちの「得意げな感じ」が苦手だ。
生理的に受け付けない。
序盤で投げそうになったが、最後まで読んだ。

正義と勇気と怒りを持っているということはわかった。
とんでもねえ奴らがいるということもわかった。

鵜呑みにできないのが「二酸化炭素と温暖化は関係ない」論。
そこのところは「自明の理」として一切説明してくれないのだが、
そんな言い方で済まされても納得できない。
もちろんただ僕が無知なだけなのかも知れないが。

bk.5
posted by 森山智仁 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

映画:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ『ベイマックス』

「アメコミだ」と聞いて行ったのでさほど驚かなかったが、
知らないで行ったら広告との違いっぷりに唖然としたと思う。
ていうか軽く詐欺だと思う。
もちもちふわふわなのは序盤だけで、あっという間にガチガチになってしまった。

普通にバトルだった。
面白かったっちゃ面白かったけど。

かわいいところがもっと観たかった。

mv.5
posted by 森山智仁 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。