アクセスランキング

2012年11月22日

梅酒が好きだな『Reversd-リバスト-』

アクションは見どころ。
なのだが、個人のレベル差が気がかり。
特に2名の女性がかなり悪目立ちしていた。
強いっていう設定の人が下手だとどうしても萎える。

オープニングの映像がカッコイイ。

ストーリーに関して心に残るものは特に無かったけれども、
今年観たファンタジー系の中では一番良かった気がする。

「誰!?」が素晴らしかった。
観客全員にシステムを理解させた上での内輪ネタ。

演技の練習を増やすべきでは。
殺陣の練習で大変だったんだとは思うけど。
荒さを一生懸命さでごまかしているような演技が多かった。

上田直樹君がよく頑張っていた。
彼はやはり殺陣上手い。

【年内舞台鑑賞102本目】


posted by 森山智仁 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

韓国へいってきます

劇団員の丹羽と二人旅です。
21日(水)に帰ります。

初海外ハムニダ。
posted by 森山智仁 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

江戸川乱歩『化人幻戯』

江戸川乱歩の作品を
・初期短編
・少年向け
・後期長編
の3つに分類すると、これは後期長編にあたる。

熟成されている。
今まで読んだ中で一番本格的だと感じた。
こういうのもあったんだなぁ。

区分によって(極端に言えば)別人のようなので、
乱歩初心者は自分の手に取ったものがどれに当たるのか確認してから読むといいと思う。
オススメはやっぱりとりあえず少年向け。

【年内読書100冊まであと77冊】
posted by 森山智仁 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

志村有弘編『江戸川乱歩徹底追跡』

様々な視点から乱歩という作家を研究した書。

書き手が複数なので話が多少かぶるのは致し方ない。
いや、何度も目にするからこそ心に刻み込まれるのであるし、
多くの人が言及しているならそれだけ重要な要素だとも言える。

それにしても、資料がないよりはマシだが、あり過ぎても難しい。
リサーチと執筆の時間配分が狂う。

【年内読書100冊まであと78冊】
posted by 森山智仁 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

劇団鋼鉄村松『高橋ギロチン』

@王子小劇場

現場にギロチンが現れて、邪魔、という設定が見事。
現場の言葉づかいもリアル。

しかし中〜後半はよくわからなかった。
恐らくわかってほしいと思って作ってはおられないと思う。
積み木に例えるなら、丁寧に積み上げるのではなく、ドシャッとひっくり返すような。
合う合わないがハッキリと分かれるタイプ。

にしても知識量には脱帽。
幅が広い。

【年内舞台鑑賞101本目】
posted by 森山智仁 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロデオ★座★ヘヴン『Project G』

@小劇場 楽園

序盤、船のシーンがズバ抜けて面白かった。
なんだあのやりとり。
自由過ぎるボケと、鋭くて愛のあるツッコミ。
素晴らしい信頼関係だ!

またああいうのがあるかと期待していたが、それはなく残念。
本編はイマイチ何がしたいのかよくわからなかった。

映像が非常にカッコ良かった。

【年内舞台鑑賞100本達成!】
posted by 森山智仁 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

ハウルの動く城

いちいちびっくりしないのがいいね。
驚異的だからこそ。

受け手に驚いてほしい場合、
大抵は「驚き役」のキャラがいるものだが、
(例えば少年マンガなら主人公の親友とか)
ジブリには基本的にそういうのがいない気がする。

(ちなみに江戸川乱歩の少年探偵団シリーズは、
語り手自らが驚いてしまうというノスタルジックな型。
紙芝居みたいだ)

随分あっという間に恋して愛してしまって、
ちょっと気持ち的にはついていけなかったんだけど、
まぁそういうものなんだろう。
くどくどと恋だの愛だの語られるよりは大分良い。

【年内映画鑑賞100本まであと70本】
posted by 森山智仁 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トムとジェリー シャーロック・ホームズ

和んだ。

体を張った……というか、
体の形が完全に変形してしまうあの表現の数々、
すっかりお馴染みではあるけれど、
改めて考えるとやっぱり凄い。

【年内映画鑑賞100本まであと71本】
posted by 森山智仁 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Link Project『青森県のせむし男』/『犬神』

衣装の色づかいが良かった。
という感想から派生して思うのは、
チラシも同じテーマで色調を統一した方が良かったのではないかということ。
何となくもったいない。

紗幕が効果的に使われていた。

内容はよくわかんなかった(脚本:寺山修司)けど、
まぁそんなもんだと思う。
わかったフリを僕はしないのだ。

【年内舞台鑑賞100本まであと1本】
posted by 森山智仁 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

劇団チョコレートケーキ『熱狂』

超真面目。
弩ストレート。
かわいらしい劇団名からは想像できない重厚さ。

限られた空間で美術も照明もよく工夫されていた。

役者陣も巧み揃い。
特にヒトラーのヒトラーっぷりがハンパない。

作品のやろうとしていることが明確なだけに、
かなり早い段階でそれが理解できてしまい、
予想を裏切るような要素は特に無かった為、
中盤はいささか時間が長く感じた。

【年内舞台鑑賞100本まであと2本】
posted by 森山智仁 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。