アクセスランキング

2012年07月30日

笹川君かと思ったら

写真.JPG
鶴ヶ城だった。
ホリが深いから間違えた!(・∀・)


posted by 森山智仁 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

飯盛山下

写真.JPG
原稿原稿っ。
posted by 森山智仁 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材なう

写真.JPG
他の出演者も何かそれぞれで会津に旅したりしてるようですが、何げに僕も来てます。
仲悪いわけじゃないですよ!(・∀・)
僕はノートパソコン背負ってですので、ええ。

ここで台本が、書き終わったらいいなあ。(遠い目)
posted by 森山智仁 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年の観劇のまとめその7

61〜70本目のベストは、
華のん企画『チェーホフ短編集「賭け」』。
重厚で、芳醇。
大人っぽい。
ああいう演劇がやりたい。










大きな劇場でチケットの高い舞台が面白いとは限らない。
確かに、金ばっかかけてなんだよこれというのはある。

一方、小さな小屋で安い切符の芝居がつまらないとも限らない。
才能あるなー!っていう若い人はいる。

どちらもあり得る。
あり得るから、今まで僕は安い方に流れがちだった気がする。
しかしそれはどうも結果的に損をしていた可能性が高い。



面白い作品に出逢える確率が、
2000円の演劇なら10%、
5000円の演劇なら33%、
ぐらいだと思う。
体感で。

だとしたら当たりを1つ見つけるのに、
安いのに通ったら20000円、
高いのに通ったら15000円、
という計算になる。
高い方がいいじゃないか!



にしてもこう考えてみるとやっぱり演劇って高いなあ。
15000円かかるよって言われたらまず手が出ない。
セレブだよセレブ。

だが確かに5000円とか10000円とかのチケットを買うお客はいて、
大きな劇場の客席がちゃんと埋まっているのだ。
小劇場で関係者同士お見合いするのが当たり前になっていると、
そういうところを見落としがちになる。

買ってくれる人を捜して、
きちんとPRすることが大事だ。
posted by 森山智仁 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイバー∴サイコロジック『赤鬼 ―レッドパージ立山―』

@下北沢駅前劇場

○○と××のリンクは見事。
それがやりたかったのね!という感じ。
ただ○○の方にもう一本伏線が張ってあれば唐突さが薄れたはず。

時折入る笑いはことごとく上手い。
が、基本的にキャストが苦しんでいることが多く、観ていて疲れてしまった。
作家の生みの苦しみが現れていたようにも見えなくもない。

舞台美術が良い。
空間全てがアクティングエリアとして生きていた。

【年内舞台鑑賞100本まであと19本】
posted by 森山智仁 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

盆踊りやってるよ

写真.JPG
家の近くの小学校で。

いいねぇ。
夏だねぇ。
posted by 森山智仁 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

麻雀がしたい

何故なら人生は麻雀だからだ。

何を引くかじゃない。
何を捨てるかだ。
posted by 森山智仁 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

怪傑パンダース『ビューティフルドリーマー』

@中野ザ・ポケット

凄い勢いだった。
が、だいぶ聞き取れなかった。
全部聞き取れる必要はない、と思って観れば楽しめるが、そうでないとストレスかも。

照明が役者の顔に当たっていないことがしばしば。
灯体の吊り位置なのか役者の立ち位置なのかわからないが、とにかく人の表情が見えない。
ビジュアル良い人が多いのにもったいない。

チラシで示された謎に対して、明快な解決を期待していたせいか、何となくスッキリしなかった。
また、その「現象」が話題に上がるまでが長いと思う。
決してつまらなくはなかったのだけれども。

【年内舞台鑑賞100本まであと20本】
posted by 森山智仁 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予約受付開始!

予約受付開始しました!
脚本は……まだ、頑張っているところです、が!
面白くなりそうな予感。

良い意味でマンガ化とかアニメ化できそうな感じです。
良い意味で。

ご予約お待ちしておりますぴかぴか(新しい)



劇団バッコスの祭 第20回公演
『白虎隊風雲録 コダマ!』
第24回池袋演劇祭参加作品
作・演出=森山智仁

「精霊の姿は子供にしか見えない」
それは戦時とて同じ。
慶応四年、最新式の銃を携えて押し寄せる新政府軍に対し、
年端もいかぬ子供たちばかりで一隊を組織したのは、
会津藩主松平容保、一世一代の賭けであった。
アテルイ、藤原秀衡、伊達政宗、そしてアイヌの戦士たち……
みちのくの英雄たちが時空を超えて蘇る。

【日時】
2012年9月26日(水)〜10月1日(月)
26日(水)19:30
27日(木)14:00/19:30
28日(金)19:00
29日(土)14:00/19:00
30日(日)14:00/19:00
1日(月)15:00
(全9回)

【会場】
シアターグリーン BIG TREE THEATER
(池袋駅より徒歩10分)
豊島区南池袋2-20-4

【チケット料金】
前売 3,000円 / 当日3,300円
●最初三回割引 2,800円(要予約)
●学割 2,500円(要予約)
●勝手にグリーン割 2,500円(要予約)
2012年7月26日(木)以降、シアターグリーンで上演された舞台の半券をお持ち下さい。
半券に「シアターグリーン」と明記されているもののみ有効です。
他割引との併用はできません。
●早割 2,500円(要予約)
8月31日まで販売します。銀行振込にて代金を頂戴し、チケットを郵送致します。
専用フォームよりご注文ください。



→一般のご予約はコチラ!
フォームに必要事項をご記入くださいませ。
posted by 森山智仁 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

反撃開始

設定やプロットに手こずったこの半月あまり。

設定に苦労するのは仕様。
今回はそういう話。
ファンタジー。

プロットを、今まできちんと作らずに書いていたので、今回こそ作ってから書き始めるだったのだが、
駄目だった。
プロットを諦めて書き始めたら、
何か「おっぱじまった」感じがした。

勿論完全にプロットが0というわけではない。
ある程度は決めてある。

しかし僕はやはり何と言うか「言葉の波」の中で書いている。
一文、一語の持つ、波動、芳香。
噛み砕いて言えば、会話のセンス。
そういうものを求めて、飛び石を渡るように、文章を作っている。

決して観客が重要視するポイントではないらしい。
が、僕には、これしかない。



『ハチワンダイバー』で言えば右角の気分だ。
俺はあくまでも、右四間で指す。
posted by 森山智仁 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。