アクセスランキング

2012年05月30日

利き酒三種

写真.JPG
左から、亀泉・酔鯨・浦霞。


posted by 森山智仁 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

2連続1000人突破!

写真.JPG
第19回公演『マタイ』全日程終了です。
皆様ご来場ありがとうございました!

おかげ様で、
前回『白夜王アムンゼン』に続き、
今回も観客総動員数1000人突破を達成することができました。
今後とも劇団バッコスの祭をよろしくお願いします。

今から後片付けです(・∀・)
posted by 森山智仁 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

飛ばしても構わない

写真.JPG
2000年分の歴史を2時間で駆け抜けられるように、
ひき肉がなくても麻婆豆腐は作れる。



…ちょっと苦しいか!
posted by 森山智仁 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

回復力

写真.JPG
「鯖の味噌煮」と「菜の花のおひたし」と「山芋とろろ」で、
完全に回復した。

マタイ折り返し地点手前。
先の公演のことを考えている。
2倍頑張ったって2倍面白くはならないんだから、
4倍頑張らないといけない。

次回『コダマ』は白虎隊。

極端な話、打ち上げ行かないで台本書きたい。
いや、社会人として行くけどね。
今のは極端な話。
posted by 森山智仁 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

オープン!

第19回公演『マタイ』始まりました!
ひとまずは上々の滑り出しなのではないかと(・∀・)ぴかぴか(新しい)

稽古場日記『絶妙』にて、
毎度おなじみ、アンケートの即日公開を実施しています。
こちらも是非チェックしてみてください。
posted by 森山智仁 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

CM作りました



第19回公演『マタイ』の予告映像です!
本編ダイジェスト兼稽古場風景という感じのものになっておりますTV

――――――――――――――――――――――――――――――
第19回公演『マタイ』
旗揚げ10周年記念
5/23(水)〜28(月)
@シアターグリーン BIG TREE THEATER
ご予約受付中!ぴかぴか(新しい)
――――――――――――――――――――――――――――――

今回は初回・平日昼割引や学生割引に加え、
ふくろ【Twitter割引】や、
ふくろ
【ヒミコ割】といった、
新しい制度が続々取り入れられています!
詳しくは特設サイト稽古場日記をご覧ください。
posted by 森山智仁 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

めしにしよう

写真.JPG
外で働いて、
外で食う飯は、
やっぱりうまいね。
posted by 森山智仁 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

作業日和

写真.JPG
ラジオ聞きながらペンキなう。

天気が良いと気持ちが良いね。
posted by 森山智仁 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

「えんぎをよくする」

お芝居の感想で、
「○○さんの演技が良い」
なんて言い方をすることがあるが、
演技が良いとはどういうことなのだろうか?





僕は結構現実主義者で、
観客が受け取れるものは物理的な情報でしかないのだから、
言い方や見せ方を物理的に修正するしかないと思っている。

舞台の魅力である「空気感」も、
物理的な調整の結果として発生するものだと思う。

故に役者の「感情」は表現の「手段」であって「目的」ではなく、





いや、うーん、そんなことが書きたいんじゃなかった。
そういうことはいつも言ってる。





「馬体から発するエネルギーが違う」

福本伸行の『銀と金』で僕が好きなセリフの一つだ。
これは競走馬の話をしているところなのだが。

物理的な情報の総合、化学反応の結果として、
エネルギー的なものを観客が役者の身体に見い出すことは、ある。
多分そういう時に「演技が良い」と感じるのだと思う。

但しあくまでもそのエネルギーはそれ自体を出そうとしても出ない。
直接求めても永遠に捕まえられない。





けどたまにゃー直接求めてみるかにゃー(・∀・)

あ、いや、直接求めるってのはちょっと違うか?
余計遠回りになるかも知れないが、まぁ今思ってる方法をやってみよう。





(……思考時間15分……)





「引き出し」って大事だなあー。
posted by 森山智仁 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

信じても夢は叶わないというフレーズは特に珍しくない

かなり言い尽くされている。
少なくともドヤ顔で言うセリフではない。
刺激的でも体当たりでもない。
※そもそも体当たり=偉いということはない。

勝つしかない。
ただ勝つしかない。

それをもうみんな知っている。
そしていつか負けても、
何度かは「勝ったことがある」から、
「いついつまでは勝っていた」という思い出話をすることができる。



プロの役者を目指す人間はみんな眩しい。
みんな一生懸命に、「勝つ為に」、毎日戦っている。
「そのうち売れるだろう」とタカをくくってる奴なんていない。

「勝つしかない」。
それ自体は共通認識だ。
ただ、「このやり方で、勝ちたい」。
そういう意志を、プライドと共に、多くの人が持っている。
またそれは、「このやり方で勝てなければ仕方ない」に派生し得る。

「そのやり方では、勝てない」。
ダメ出しとは、突き詰めれば、人生観の修正を求めるものだ。



自己満足の為にダメ出しをする演出家もまたいない。
自分の人生観が多くの人の共感を得ると、必死に信じて戦っている。
※そういうんじゃない天才もいっぱいいる。
稽古を始めたら疑いなどしない。

そして観客が、その人数や評価が、今度は演出家に人生観の修正を求める。



ただ時には、作品が、観客の人生観を変える。

そういうことは、ほぼあり得ないと思うぐらいでちょうどいい。
誰も説教なんかされたくない。
俺たちはそれぞれ、一人の人間でしかない。
posted by 森山智仁 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。