アクセスランキング

2012年02月29日

演技論メモ(2012/2)

ワークショップを終えて、
希望者に渡す「通知表」を書いている。

自己理解・感情開放・身体能力・集中力・協調性・センス
という6項目について、
3段階で評価している。

書きながら考えたことのメモ。



●内的に必要なもの
□身体能力:運動能力,発声,外見
□テンション:広い&深い集中力+感情解放
□センス:リズム感,クオリティ・バラエティ,自己理解,人生経験
→一朝一夕では身につかない。

●外的に必要なもの
□対話力:「自分の言葉で」「相手に」話すこと,聞くこと
□表現力:音・動き,及びその変化
□サービス精神:観客に見せる意識,及びその加減
→意識によって習得可能。


posted by 森山智仁 at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪っ

写真.JPG

寒っ。

でも雪景色はやっぱりいいなあ。



うちの周辺日当たり悪いから凍りつきそうだけど…
posted by 森山智仁 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丹下左膳餘話 百萬両の壺

まさに「人情喜劇」!
舞台でやってもきっと愛される。
上手い子役が絶対必要だが……。

一つのアイテムが中心となる、模範的な展開。

丹下左膳が何ともかわいらしい男前。
チャンバラのシーンはごくわずかだが、
鞘に噛みついての抜刀は掛け声を掛けたい程の格好良さ。

【年内映画鑑賞100本まであと91本】
posted by 森山智仁 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉ねぎの味噌風卵とじ

写真.JPG

アプリを見ながら作ってみた。

うん、上々( ´ ▽ ` )
posted by 森山智仁 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

君には頭がさがる

電動夏子安置システム@シアターグリーン BASE THEATER

流石の上質な舞台。
複雑で濃厚なミステリー。

なだけに、客席の暑さが悔やまれる。
暑さというか酸素の薄さか(だとしたら仕様か?)。
個人的に体調悪いのもあったかも知れないが。
とにかくムアッとしていて集中できなかった。

ちくしょう、もう一回観たい……!

役者さんは全員上手かったのだが、
中でも渡辺美弥子さんが一際輝いていた。

【年内舞台鑑賞100本まであと80本】
posted by 森山智仁 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応援ありがとうございます

写真.JPG

先日、常連(超が付く程の!)のお客様からお食事に誘っていただきました。
普段、チェーンの安い居酒屋でばかり飲んでいる我々、
久々のキチンとしたビールを前に、少々ハメを外して飲み過ぎたかも知れません(汗)

栄養と活力をいただいて、次の舞台も頑張ります!
どうぞご期待くださいo(^▽^)o
posted by 森山智仁 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

演出論(2012/02)

1月の公演と、
20本弱の観劇と、
ワークショップを終えて。





演出の能力を4つに分類してみる。

1.イメージのクオリティ
2.仲間にイメージを伝える力
3.仲間の現状とイメージとの差を伝える力
4.仲間を導く力

※役者・スタッフを総合して「仲間」と書いたが、
ここでは主に役者について考える。





1を鍛えるには稽古場の外で努力するしかない。

その作品の為に思念することも決して無駄ではないが、
年月の中で培われた感覚が大きなところを占める。
センスとは人生だ。





2〜4を一緒くたに考えがちである。

3が今の僕には主軸となっている。
ダメ出し・ホメ出しは的確だと言われる。

2は重要だが難しい。
どんな表現をしても受け取り方は人によって違う。
3・4の過程も含めて伝える方が時間効率はいいだろう。

※受け取る側が、
「こういうダメを出すということは、
全体的にこういう風にしたいということだろう」
と汲み取る必要がある。





4を、僕は今まで疎かにしてきた。

乱暴な言い方をすれば、
演技が良くならないのはセンスが悪いからだ、
と片付けていたフシがある。

多分それ自体もまったくの的外れではない。
役者がセンスを磨かなくていいわけがない。

しかし本来、導き方はあるはずなのだ。





回りくどいことを述べず結論を言う。
「ドじゃなくレで言え」と指示する。

そういうやり方で主にやってきた。
これにもメリットはある。
速いし、正確に伝わる。

けれども、少しだけ回り道をして、
「何を」「どう」表現したいか、
まずそれを考えさせ、共有してから、
「だったらレで言え」に至ることもできる。

今までそれを全くしていなかったわけではない。
が、演技体のバラつきという課題が確かに存在している。

結論に付随して、
目的や根拠も理解できているなら、
再現性は上がるし、
自主練もし易い。
別の結論を生み出すこともできるだろう。

センスだけに依存することはない。
役者のセンスが稽古の段階でどうだろうと、
観客は既に入場料を払っているのだ。
演出家には役者全員がセンス良さそうに見せる責任がある。





「何をどう見せたいか、まず役者に尋ねる」
そういう技法で次回の公演に臨んでみたいと思っている。

3月の企画までは、もう日がないのだが……。
posted by 森山智仁 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

CROSS BRAVE

Creative Configuration@シアターグリーン BIG TREE THEATER

殺陣の手数は、やばい。

全てのシーンがゲーム画面で脳内再生可能。
良い意味でも悪い意味でも。

ゲームというメディアも進化している今、
魔法のエフェクト等々、
もっと派手にしてほしいと感じるところは多々あった。

【年内舞台鑑賞100本まであと81本】
posted by 森山智仁 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワークショップ終了!

やること。
ワークショップの反省・事後処理。
3/3のイベントの稽古。
オーディション結果踏まえての脚本の執筆。
2月末締め切りの公募。
えーと、多分他にもある。

さて、改めて、頑張ろう。
とりあえず芝居観る。
posted by 森山智仁 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

受信でき……た!

昨晩0時頃から、
メールの受信ができていなかった。

今朝気付いてauショップに行き、
アカウントの再設定をしてもらったら直った。

「同じ症状になる人が結構いる」
とのこと。

うーむ、スマホ怖ぇー。



「恐らくアップル側の問題で、
3月の更新で改善されると思います」
らしいが。

是非そうあってほしい。
posted by 森山智仁 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。